btn_headr_menu

2021年度学生募集 ホテル科 2年制 2021年度学生募集 ホテル科

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 学科紹介
  3. ITスペシャリスト科

最先端のITとマネジメントを兼ね備えたスペシャリスト

最先端のITとマネジメントを兼ね備えたAI(人工知能)や、IoT(Internet of Things)など、IT技術の急速な発展によって、現代社会は日々変わり、進化し続けています。日本工学院北海道専門学校では、社会の求める、新しい時代に対応できる先見性と、最先端のIT技術を身につけたプロフェッショナルな人材を育成するため、4年制のITスペシャリスト科を新設いたします。ITの基礎から、あらゆる業界でエンジニアとして活躍するためのシステム開発やアプリケーション開発を中心に、IoT・AI専攻、ネットワーク・セキュリティ専攻、クラウド・データベース専攻、xR専攻、ゲーム専攻の5専攻を設置し、より高度な専門スキルを養います。日本工学院は人や社会のために“価値あるものをつくる”ための知識やスキルを学ぶ、実践的な教育を行っています。人は、世の中に役立つことや、好きなことには熱中できるもの。そして熱中すればするほど、一人ひとりの能力と可能性は大きく広がります。さあ、世界を動かし、支える人へ。ここでの学びが未来への出発点です。

ITスペシャリスト科の6つの特徴

POINT1
有名企業への就職を実現、さらに大学院進学も可能に就職・進路について
POINT2
IT業界で必須のあらゆる重要スキルを身につける充実の4年間教育について
POINT3
IT系重要資格を中心に、数々の資格取得をサポート資格について
POINT4
IT業界で活躍するプロフェッショナルからメッセージ業界
POINT5
数々のコンテストなどで受賞歴多数TOPICS
POINT6
最先端の施設・設備がそろった、充実のIT学習環境施設・設備について

就職・進路 大きく広がる進路

有名企業への就職を実現、さらに大学院進学も可能に

有名な大手企業からベンチャー企業まで、さまざまな会社・業種から需要の高いITエンジニア。ITスペシャリスト科では、4年制の学習期間で得た豊富な開発経験と多くの重要資格取得によって、業界が真に求める人材を育成。幅広い業種へ、望みの進路への就職を実現します。また、ITスペシャリスト科を卒業すると高度専門士の称号が得られるため、大学院進学が可能になります。より学術的な研究を進められることで、将来的に研究職へ就く可能性も高まります。

レース出場

めざせる業種
コンピュータ関連企業、ソフトウェア関連会社、メーカー開発部門、インターネット業界、ゲーム業界、公務員、ネットワーク関連企業、一般企業 など
めざせる職種
情報処理技術者、プログラマ、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、プロダクトマネージャー、Webプログラマ、ゲームプログラマ、システムマネジメント、アプリケーション・ソフトウェア開発技術者 など

教育 IT業界で活躍するために必要となる、あらゆる重要スキルを身につける充実の4年間

実習時間は大学の約2倍!基礎から実践的に深く学ぶ4年間の学習

ITスペシャリスト科の4年間は、同じ4年間でも大学とは大きく異なります。教養科目が多い大学とは違い、ITスペシャリスト科は、専門性の高い実習中心のカリキュラム編成を行なっています。実習時間は一般的な大学の約2倍に及びます。この専門学校ならではの4年間という恵まれた時間の中で、着実に基礎から学び専門性を身につけることで、卒業後は業界の最先端で即戦力として活躍が可能。業界の求める人材育成を実現していきます。

充実の4年間

■実習時間は大学の約2倍!基礎から実践的に深く学ぶ4年間の学習

4年間のスケジュール

スケジュールについて詳しくはこちら

グループワークによってマネジメント能力・プレゼンテーション能力を習得

実習では、グループワークやPBL(Project Based Learning)を多数導入。仲間とのコミュニケーションや、ディスカッション、共同開発の経験を通じて、これからの社会では欠かせないマネジメント能力・プレゼンテーション能力なども同時に身につけられます。

グループワーク

有名企業とのコラボレーションを多数実施

企業と連携し、新たなるシステムの開発に取り組んでいきます。カメラで撮影した写真を画像解析AI(Google Cloud Vision)により駐車状況をデータ化し、不正な駐車場利用を監視する駐車場管理システムや、IoT機器(RaspberryPi)と赤外線センサーを利用した空き巣管理システムの開発など、企業担当者と共に考案し、卒業研究の題材として開発および研究をしてきました。開発されたシステムは企業担当者様からも高評価を頂き、今後、製品化されることも検討されています。企業とコラボレーションし、学修してきた知識・技術を使って、社会から必要とされているシステムを開発することにより、実践性を高めることができます。
企業コラボ
企業コラボ

開発は最新のテクノロジーと話題のデバイスをフル活用で実践学習

ITスペシャリスト科では、常に最新のテクノロジーと最先端のデバイスによって研究・開発を行える環境を整備。これまでにソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを利用した構文解析AI(Google Cloud Natural Language)による道案内システムや、Microsoft社のHoloLensを利用したMixed Reality技術によるダンジョンゲーム、画像解析ライブラリ(OpenCV)を利用したオブジェクト検出アプリケーションなど、最新のデバイスで最先端のIT技術を利用した開発実績があります。学ぶだけではなく、未知数のテクノロジーに触れることで、新しいアイディアを生み、決断と行動によって開発する実践力を培うことを目標にしています。
最新テクノロジー
最新テクノロジー

資格 充実した資格対策で、数々の重要資格取得が可能

国家資格の一部試験免除などさまざまなメリットも

1年次・2年次ではITエンジニアとして必要なスキルを身につけるため、基本情報技術者や応用情報技術者等の代表的な国家資格を取得。 その後の3年次・4年次では、自分の専攻に合った超難関の国家資格である高度試験やIT系ベンダー資格へ挑戦し、より高度で専門的な知識を身につけることが可能です。「基本情報技術者試験」と「情報処理安全確保支援士試験」では一部試験が免除されます。(申請中)
※情報処理安全確保支援士試験はネットワーク・セキュリティ専攻が対象となります。

資格対策

国家試験

ITパスポート試験・基本情報技術者試験・情報セキュリティマネジメント試験・応用情報技術者試験・情報処理安全確保支援士試験・ネットワークスペシャリスト試験・データベーススペシャリスト試験・エンベデッドシステムスペシャリスト試験・プロジェクトマネージャ試験・システムアーキテクト試験・ITストラテジスト試験・ITサービスマネージャー試験・システム監査技術者試験


公的試験

J検情報システム試験・J検情報活用試験・TOEIC


ベンダー試験

MicrosoftOfficeSpecialist(Excel・Word・PowerPoint・Access)・Oracle認定Javaプログラマ(Bronze・Silver・Gold)・シスコ技術者認定(CCNP・CCNA)・Linux技術者認定試験(Lv1~3)・UMTP認定試験・ITILファンデーション試験・AWS認定アソシエイト・ORACLE MASTER(Bronze・Silver)

業界 次世代のITを志すみなさんへ、プロフェッショナルからメッセージ

業界メッセージ

中村さん

中村さん

株式会社 調和技研
代表取締役社長
中村 拓哉 さん

強い意思と先端的なテクノロジーの力で、明るい未来社会へ変革

私たち調和技研は北海道大学から生まれたベンチャー企業で札幌・東京・ダッカの三拠点でAIの研究開発を行っています。私たちの業務内容は広範囲に及びますが、画像を解析し製品の不良を発見したり、写真から病気を診断する画像系AI技術、コールセンターの自動応答システム、あるいは曖昧な検索を可能とするような言語系AI技術、過去のデータを用いて未来の来客数を予測したり、従業員の複雑なシフト管理を自動的に行う数値系AI技術といった、さまざまなAI技術によって幅広い課題を解決しています。ほんの数年前までAIは、SF小説の中で語られる遠い未来の話という印象もあったかもしれません。しかし先の例の通り、AIは私たちの身の回りでたくさん活用されるようになっているのです。IT・IoT、そしてAIといった技術は、これからの日本のものづくりをよみがえらせ、大きく変革させる鍵です。いつの時代でも私たちの身の回りにはチャンスと困難は同時に存在しています。若い皆さんの強さはどんな変化にも適応できる柔軟な思考だと思います。その強さを持って、私たちと一緒に明るい未来創造に挑戦して行きましょう。

教員 ITのプロフェッショナルを講師に、最前線で活躍するための豊富なスキルを学ぶ

ITスペシャリスト科の講師は、システム・開発、Web、情報処理、IoT・AI、ネットワーク・セキュリティ、クラウド・データベース、そしてxR、ゲームなど各専門分野のプロばかり。基礎からそれぞれの分野の最先端のスキルまでを、豊富な知識と経験、そしてトップレベルのスキルによって丁寧に指導します。

教員メッセージ

引地政征先生

引地政征先生

日本工学院
北海道専門学校
引地 政征 先生

最新のITスキルを学び、Society5.0の社会での活躍をめざそう

これから私たちの社会は、Society5.0の時代になります。Society5.0とは、情報社会(Society 4.0)に続く新たな社会を指すもので、IoT(Internet of Things)、ロボット、AI(人工知能)、ビッグデータなどの新たな技術によってイノベーションを創出し、一人一人のニーズに合わせる形で社会的課題を解決する新たな社会のこと。IoTによってあらゆるものがインターネットに繋がり、AIはIoTを活用して集めたビッグデータによって知識を増やすことで、その能力を高めることができます。ネットワークでは高速通信規格である5Gが注目を集めており、さらに10年後には6Gへと通信はさらに高速になると思われます。情報の表現はVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を複合したxR技術を使った情報表現が主流に。このようなSociety5.0の社会を牽引するための最新ITスキルを学ぶことができるのがITスペシャル科での4年間です。夢が広がるSociety5.0の社会で活躍、そして楽しむために皆さん思い切って情報業界に飛び込んでみてください。本校で共に充実した毎日を送りましょう。

<保有資格>
基本情報技術者、情報セキュリティマネジメント、応用情報技術者、情報セキュリティスペシャリスト、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト、エンベデッドシステムスペシャリスト、ITサービスマネージャ、プロジェクトマネージャ、システムアーキテクト、ITストラテジスト ほか

TOPICS全国での受賞歴

ETロボコン全国出場

自動走行ロボットの設計とプログラミングで競うETロボコン。2019年は学生チーム・教員チームそれぞれの部門で北海道大会優勝。全国大会では教員チームが総合3位へ入賞。有名企業や大学を抑えての快挙です。

ETロボコン ETロボコン

セキュリティコンテスト

全国の専門学校・高等専門学校の学生を対象としたセキュリティコンテスト2019にて、北海道で唯一1次審査を通過して最終審査会へ進出しました。最終審査では、性能やプレゼンテーションを総合的に評価され全国2位となりました。

セキュリティコンテストセキュリティコンテスト

※2019年度 情報処理科の実績

施設・設備 広大なキャンパスと充実の施設・設備

DS(Diversity Space)

多様性= Diversityのある空間= Spaceのイニシャルから‘‘DS" と名付けられた実習室。社会のあらゆる課題に向き合うコミュニケーションカと思考力、学生の自主性と創造性を最大限引き出す環境です。

Diversity SpaceDiversity Space

PL(Product Labo)

ゲームなどの開発・制作に特化した研究室。より集中できる環境を提供することで高い生産性で開発・制作を進められます。また、アプリケーションやゲームの動作確認(デバッグ)作業などでも使用できる高性能のパソコンやハードウェアを設置。多数の名作と呼ばれるゲームの代表作も取り揃えてあります。

Product laboProduct labo

Mac Book Pro

タッチバーが付いている高性能MacBook Pro とiPadを完備。さらに実習室にはワイヤレスで画面を共有できるプロジェクタもあり、高速アクセスポイントWi-Fi のネットワーク環境が整備されています。

Mac Book Pro

Raspberry Pi

ワンボードマイコンと呼ばれる小型のコンピュータ。カラーセンサーや赤外線センサーなどの各種センサーや外部機器をRaspberry Pi に接続し、操作・活用することができます。本校ではloTを利用した学修・研究開発に活用しています。

Raspberry Pi

Pepper

ソフトバンクロボティクスの人型ロボット。本校のPepperは店頭に醤かれているモデルとは異なり、プログラミング教育向けのものです。実習の実践的なツールとして、コンピュータによる口ボット制御やソフトウェア関連の技術を学びます。

Pepper ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、本校・本科が独自に開発の研究を行っています。

aibo

SONYの犬型ペットロボット。視覚や聴覚、感覚などのセンサーにより、豊富な表情や仕草を表します。日々の生活にロボットが居ることでその役割を学びます。

aibo

Cloud Server

Cloud Serverとは、ネットワーク上に構築されたサーバで、ネットワーク環境があれば離れた場所でも情報をシェアすることができます。シスコシステムズ製品を利用したネットワーク構築、データベース構築の技術を学びます。

Raspberry Pi

ITスペシャリスト科公式アカウント

  • 学生寮
  • 進学資金サポート

『スマホで進学相談会』

オープンキャンパス+体験入学 オープンキャンパス+体験入学

開催日程

8/8() 22() 29()

日本工学院北海道専門学校では、各学科の体験実習や、最新の施設・設備、学生寮、進学資金のことがよくわかるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。自然豊かな教育環境をぜひ、その目で確かめてください!

無料で資料をお届けします。

日本工学院北海道専門学校について詳しく紹介した資料、日本工学院北海道専門学校への入学募集要項など入学に必要な資料をお届けします。(無料進呈)

資料請求はこちら

日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

入学についてのお問い合わせ0120-666-965

pagetop