btn_headr_menu

2021年度学生募集 電気工学科 2年制 2021年度学生募集 電気工学科

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 学科紹介
  3. 電気工学科

道内で唯一の電気主任技術者試験免除認定校。

電気工学科では、電気の基礎からエコエネルギーなどの新技術まで、段階的に学習します。電力設備から燃料電池まで幅広くカバーした豊富な実習により、2年間で電気技術者に必要なスキルを習得可能。道内で唯一、電気主任技術者の認定校となっており、難関資格を試験免除で取得可能。確かな技術と資格を武器に、鉄道・プラント・大手企業・電力会社などに毎年高い就職率を誇ります。

電気工学科の学び5つのPOINT

POINT1
電気の安定供給を基礎から学習 教育について
POINT2
着実に電気を学べる環境施設について
POINT3
電気の可能性をさまざまな視点で学ぶTOPICS
POINT4
道内唯一「電気主任技術者」試験免除認定校と多くの資格取得が可能資格について
POINT5
就職に強い電気系。2年次の夏までにほぼ就職が決定!就職について

教育 電気の安定供給を基礎から学習

社会生活に不可欠な電気エネルギー。その安全性と快適性を保ち、環境に配慮しつつ供給するのが、電気技術者の仕事です。電気工学科では、電気技術者に必要とされる専門知識と技術を基礎から習得。豊富な実験、実習を通して、即戦力となる人材を育てます。

電気の基礎から学習

カリキュラム 初心者も安心。ステップアップ式のカリキュラムで電気のスペシャリストを育成

電気工学科では、電気工学について基礎から最新技術までを学ぶほか、各種資格対策、そして社会人として必要なマナーや常識、コミュニケーション能力までをトータルに習得できるカリキュラムを用意。学生の理解度に合わせて着実にステップアップが可能な段階式学習スタイルなので安心です。知識と技術、資格と社会人基礎力をしっかりと身につけ、望みの進路をつかみ、就職・社会人デビューをめざしましょう。

1年次

前期
学習目標
基礎知識・技術養成 工業数学、物理学(力学)の基礎教養知識と電気・電子回路などの基礎専門分野を学習。また、電気工事に必要な工具の使い方など基礎技術を身につけます。
専門力育成科目
  • ●物理学(45時間)
  • ●電気磁気学(45時間)
  • ●電気回路(45時間)
  • ●電気実習(60時間) ほか
資格対策
  • ●第2種電気工事士筆記試験対策
  • ●第3種電気主任技術者試験対策
  • ●2級ボイラー講習
後期
学習目標
第2種電気工事士レベル養成 さらに工業数学の基礎を学び、発電所や変電所の役割など専門知識を深めていきます。また、第2種電気工事士技能レベルの配線技術を身につけます。
専門力育成科目
  • ●数学(45時間)
  • ●電子回路(45時間)
  • ●発変電工学(45時間)
  • ●基礎実験(90時間) ほか
資格対策
  • ●第2種電気工事士筆記試験対策

2年次

前期
学習目標
応用力養成 配電方法や制御の特性など応用知識を習得。また、CADを利用した図面作成、第1種電気工事士レベルの配線技術を身につけます。
専門力育成科目
  • ●制御工学(45時間)
  • ●電気機器(45時間)
  • ●電気製図(60時間)
  • ●電気実習(60時間) ほか
資格対策
  • ●第1種電気工事士筆記試験対策
  • ●第2種電気工事士試験対策
  • ●第3種電気主任技術者試験対策
後期
学習目標
応用力養成 電気関係法などの法規、電力の役割、照明工学などの応用知識を習得します。また、設計書・設計図の作成や高電圧実験などの実習から応用技術を身につけていきます。
専門力育成科目
  • ●照明工学(30時間)
  • ●電気法規(15時間)
  • ●電気施設管理(15時間)
  • ●応用実験(90時間) ほか
資格対策
  • ●第1種電気工事士技能試験対策
  • ●2級電気工事施工管理技術検定試験対策

主な授業内容

  • ●電気・電子計測 電気・電子測定機器の構造と原理を理解し、電磁気・電子計測に関する理論と技術を習得します。授業内容
  • ●発変電工学 水力・火力・原子力による発電と、その他の発電方式、変電所の種類、設備の役割と特徴を学びます。 授業内容
  • ●制御工学 リニアモーターやエレベータなどの動作原理とその制御方法に関する構成および特性を学びます。 授業内容
  • ●照明工学 各光源の原理や特徴、用途について学習。照明の基礎計算や人間の生活環境などをふまえた照明設計について学びます。 授業内容

電気工学科は、2014年より文部科学省 職業実践専門課程の認定を受けました。

「職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成する」目的として文部科学省が認定する「職業実践専門課程」に本学科が認定を受けました。これは本学科が、より実践的に企業に直結した教職員、教育やカリキュラムを有していることの証明です。

職業実践専門課程の詳しい情報はこちら

施設 着実に電気を学べる環境

電気工学科では、授業を通じてさまざまな実習、実験を行います。将来、現場の第一線で活躍する技術者を想定して、充実した施設・設備を整えています。
高圧電気実験室では、高電圧による雷の発生、空気やガラスなどの絶縁破壊試験を行うことができます。また電気応用実験室では、電気が発電所から家庭へ届くまでの流れと働きを学ぶことができます。さらに環境にやさしい新エネルギーである燃料電池の実験も行えます。

高圧電気実験室

高圧電気実験室

電気応用実験室

電気応用実験室

電気応用実験室

電気応用実験室

TOPICS 電気の可能性をさまざまな視点で学ぶ

大林組と北海道電力の発電所を見学

さまざまな発電方法、設備のしくみなどを理解する貴重な機会として、企業連携による発電所見学を毎年実施しています。2019年度は本校キャンパスの目の前にある、大林組のメガソーラー「登別太陽光発電所」と、伊達市にある北海道電力の石油火力発電所「伊達発電所」を見学したほか、現場で働く技術者の方々から直接お話を聞く貴重な時間となっています。

発電所見学

説明会・業界セミナーを多数実施

電気工事や設備の保守・点検などを行う多数の企業に来校いただき、単独での業界セミナーや会社説明会を実施しています。また、電気技術者として第一線で活躍している本校の卒業生も来校し、実際の仕事内容や現場のお話を伺う機会となっています。

説明会・業界セミナー

大学編入も可能

本科から大学編入学も可能です。より、深く電気を学びたい方や、電気に関する研究を希望する方、将来はメーカーなどで開発をめざしたい方への可能性を広げています。これまでに室蘭工業大学3年次への編入学実績があります。

編入講座

資格 道内唯一「電気主任技術者」試験免除認定校と多くの資格取得が可能

「電気主任技術者」試験免除認定校

電気主任技術者

電気主任技術者とは、電気設備の保安や管理のスペシャリストの資格のこと。第3種の合格率は10%以下、第2種はさらに難易度がアップする難関の国家資格です。本校は道内で唯一、この試験が免除される認定校。 本校を卒業後※1、所定の実務試験※2を積むことで、無試験で資格が取得できます。
※1:認定に必要な科目の単位取得が条件 ※2:第3種は2年、第2種は5年

他にも多数の資格取得が可能

多くの資格取得が可能です。電気関連資格のほかにも、ボイラーなど技術者として実用的な資格取得も可能となっており、就職はもちろんのこと、勤務後も優位に勤めることができます。本科では2年間を通して多くの資格を取得することができます。

資格取得スケジュール※2018年度実績

1年

8月

 

ボイラー講習①希望者のみ

9月

 

電験三種①希望者のみ

10月

 

電気工事士第2種 筆記①全員受験

12月

 

電気工事士第2種 実技①全員受験

1月

 

ボイラー講習②希望者のみ

2年

6月

 

電気工事士第2種 筆記②全員受験

7月

 

電気工事士第2種 実技②全員受験

8月

 

ボイラー講習③希望者のみ

9月

 

電験三種②希望者のみ

10月

 

電気工事士第1種 筆記全員受験

11月

 

電気工事施工管理技術検定 2級全員受験

12月

 

電気工事士第1種 実技全員受験

1月

 

ボイラー講習④希望者のみ

電気工事士 合格者数2018年度実績
●第1種電気工事士 4名合格
●第2種電気工事士 19名合格
電気工事施工管理技士(学科試験)
合格者数
●2級電気工事施工管理技術検定 10名合格

[ 資格 ]

認定資格

第2種・第3種電気主任技術者(卒業後実務経験第2種5年、第3種2年無試験取得)第1種・第2種電気工事士(第2種は筆記試験免除)1級・2級電気工事施工管理技士(卒業後実務経験1級5年、2級2年・在学中2級学科試験受験資格取得)1級・2級管工事施工管理技士(卒業後実務経験1級5年、2級2年)1級・2級建設機械施工管理技士(卒業後実務経験1級5年、2級2年) など


取得可能な資格

消防設備士 二級ボイラー技士 など

就職 就職に強い電気系。2年次の夏までにほぼ就職が決定!

就職決定率

電気工学科の実習は、高電圧設備や各種電気機器から燃料電池まで幅広くカバーされ、電気技術者に必要な知識と技術、応用力を身につけます。さらに認定資格が多い本科の学生は、企業からも高く評価され、就職希望者に対しての就職実績は毎年高い決定率を達成しています。また、学び直しとして入学する既卒者(社会人から入学)もいます。

主な就職先

アサヒファシリティズ、イオンディライト、エスシー・マシーナリ、関電工、相互電業、大成ロテック、太平洋製作所、太平ビルサービス札幌支店、タクシンエンジニア、都筑テクノサービス、東京美装興業、ドウデン、苫東コールセンター、日鋼機械センター、日胆テクノ、ネクスコ・エンジニアリング北海道、北電興業、北都電機、北海電気工事、北海道電気保安協会、北海道電力、北海道旅客鉄道、マイスターエンジニアリング、IHI運搬機械、室蘭工業大学情報電子工学系学科3年次編入 など

社会人の学び直しとしても可能

電気関連の難関資格取得をめざし、社会人から学び直しとして入学する方もいらっしゃいます。既に電気関連のお仕事をされている方はもちろん、他の業種や職種で働いていた方が学生となり、より高度な資格を身につけることも可能です。

めざせる業種
電子・電気機器メーカー、電気会社、ガス会社、通信関連企業、コンピュータ関連企業、航空・宇宙・鉄道関連会社、自動車メーカー、医療機関、精密機械メーカー、AV・オーディオメーカー、家電メーカー、無線・ネットワーク関連企業、光学機器系企業、放送・通信関連産業、エコ・新エネルギー産業、量販店 など
めざせる職種
エネルギー開発・設計技術者、電気・電力設備の維持・管理者、電気製品開発・設計技術者、電気・電力設備の設計技士プラント設計技術者、電気工事技術者、公務員(電気職)、電気工事士 など

Message from OB・OG

OB
安全とスピードを意識しながら、ライフラインを守る。

大野 弘貴さん
株式会社日胆テクノ 工事部
伊達緑丘高校出身

送電線の点検・修理を行うラインマンという仕事をしています。雪や倒木、災害などで送電線が切れたり鉄塔が破損したときは修復をおこないます。北海道を襲った台風や地震の際は、電気の大切さと自分たちの仕事にかかる責任の重さを改めて実感しました。作業は危険と隣り合わせ。その上送電を止めて行うので、常に安全第一を心掛けつづ、限られた時間で迅速に終わらせることを心掛けています。それだけに、復旧したときは喜びもひとしおです。就職して研修を終えすぐ現場に出られたのは、日本工学院の授業で基礎知識を身につけていたおかげ。今は先輩について作業をしていますが、早く一人前の電工に成長し仕事を任せられるようになりたいです。

  • 学生寮
  • 進学資金サポート

『スマホで進学相談会』

オンライン企画『スマホでオーキャン』

オープンキャンパス+体験入学 オープンキャンパス+体験入学

開催日程

6/20() 21()

日本工学院北海道専門学校では、各学科の体験実習や、最新の施設・設備、学生寮、進学資金のことがよくわかるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。自然豊かな教育環境をぜひ、その目で確かめてください!

無料で資料をお届けします。

日本工学院北海道専門学校について詳しく紹介した資料、日本工学院北海道専門学校への入学募集要項など入学に必要な資料をお届けします。(無料進呈)

資料請求はこちら

日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

入学についてのお問い合わせ0120-666-965

pagetop