btn_headr_menu

特待生制度・奨学金制度 特待生制度・奨学金制度

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 入学案内
  3. 特待生制度・奨学金制度

「将来こんな仕事をしたい」「専門的な知識を身につけて資格を取得したい」でも経済的には厳しい、そういう学生は決して少なくありません。本校では奨学金制度や特待生制度を利用することで、必要な学費をまかなうことができます。すべての人が利用できるというわけではありませんが、比較的条件が軽減されているものもあります。

校友会 特待生制度(新入生対象)

特待生特典(新入生対象)

日本工学院北海道専門学校の卒業生で組織される「校友会」が、優秀で熱意を持った学生を応援するための特待生制度を創設しました。授業料からまとまった額を免除されるもので返済の必要はありません。

  • ■特待生制度内容

    ●免除金額:年額200,000円(授業料から免除)
    ●採用枠:10名程度
  • ■応募条件

    ●オープンキャンパスに参加している方(必須条件)
    ●本校専願の方
    ●成績優秀かつ出席状況が良好で他の学生の模範と認められる方
    ●指定された願書受付期間に入学願書・校友会特待生申請書(巻末添付)を提出された方
    ●企業委託生制度・企業奨学金制度との併用はできません

選考要項

新卒者 既卒者・高卒認定
選考方法 1次選考:書類審査(校友会特待生申請書・進学用調査書)
2次選考:面接
※2次選考は1次選考通過者のみに実施します
1次選考:書類審査(校友会特待生申請書)
2次選考:筆記試験、面接
※2次選考は1次選考通過者のみに実施します
選考基準 ●高校時の評定平均がB(3.5以上)ランク以上
●高校時の各年次の欠席日数が10日以内
●面接での評価
●筆記試験の結果
●面接での評価
申請受付期間 AO

B日程エントリー:7月12日(月)〜8月28日(金) ※青森会場受験者のみ8月20日(金)まで

一般 ・ 推薦

10月1日(金)〜10月15日(金)

申請方法 AOエントリーシートまたは入学願書とともに校友会特待生申請書を提出

選考日程

区分 一次選考(書類審査通知発送) 二次選考(選考日) 採用者決定通知発送
新卒者
既卒者
AO 9月2日(木)
※青森会場受験者は8月25日(水)
[青森]9月4日(土)
[本校]9月11日(土)
[札幌・函館]9月12日(日)
[旭川・帯広]9月18日(土)
[北見・釧路]9月19日(日)
11月12日(金)
一般・推薦 10月25日(月) 11月6日(土)
  • ※この特待生募集・選考は、入学試験(一般・推薦・AO)とは別に実施され、選考結果は入学試験の合否には影響しません。
  • ※片柳学園入学金免除制度・IT系資格特待生・公務員一次合格者特待生との併用が可能です。
  • ※特待生制度採用者は、校友会報などの印刷物やWeb などに氏名を掲載する場合があります。

■休学・退学した場合

本校卒業後、校友会(同窓会) 会員となることが条件の特待生制度のため、休学・退学の時には全額請求となります。

IT系資格特待生

特待生特典(特待生Aと特待生Bがあります)

  • ●特待生A…入学後、特待生給付金(200,000円)を支給する
  • ●特待生B…入学後、特待生給付金(100,000円)を支給する

■特待生条件
[特待生として申請する条件は、下記の資格取得者となります。]

  • ●特待生A…「基本情報技術者試験」(上位資格含む)
  • ●特待生B…

    「ITパスポート試験」
    「情報処理検定1級ビジネス情報部門」
    「情報処理検定1級プログラミング部門」
    「情報技術検定1級」

※特待生対象となる資格を複数取得している場合でも、特待生として申請できる資格は一つとなります。
※「片柳学園入学金免除制度」との併用はできません。

募集内容

  • ●対象学科…情報処理科
  • ●募集定員…該当者全員

対象者

高等学校を2022年3月に卒業見込みの方、または2021年3月に卒業した方で次に該当する方。
○推薦入学、一般入学、AO入学での出願者で、2022年3月31日(木)までに上記の特待生条件を満たす方。

認定方法・申請受付期間・認定通知

■認定方法

推薦入学、一般入学、AO入学の合格者で、IT系資格特待生申請書等により判断します。

■申請受付期間(郵送の場合には、当日消印有効)

〇推薦入学、一般入学、AO入学の出願者が、出願と同時に特待生の申請をする場合にはそれぞれの入学制度の願書受付期間に準じます。
○推薦入学、一般入学、AO入学の合格者が、後日特待生の申請をする場合には、2022年3月31日(木)までを申請受付期間とします。

■認定通知

判定結果については「IT系資格特待生認定通知」を送付します。

出願・申請手続

■出願・申請書類

○推薦入学、一般入学、AO入学の入学方法に準じた出願書類(巻末添付)
○IT系資格特待生申請書(巻末添付)
○対象資格の合格証のコピ一

■選考料・選考料払込方法

推薦入学、一般入学、AO入学の選考料および選考料払込方法に準じます。

■出願・申請書類提出方法

推薦入学、一般入学、AO入学いすれかの出願書類とIT系資格特待生申請書、対象資格の合格証のコピーを合わせて、郵便局の窓口より本校所定の願書送付用封筒に入れ「簡易書留」郵便にて郵送してください(持参も可能です)。
また、推薦入学、一般入学、AO入学での出願後に、本特待生の申請をする場合には、IT系資格特待生申請書、対象資格の合格証のコピーを「特定記録」郵便にて、本校の入学事務係宛にお送りください。

入学手続

■入学手続書類・入学費用払込

推薦入学、一般入学、AO入学の入学手続方法に準じます。

給付手続

IT系資格特待生の認定通知を受けた学生は入学後に指示される所定の手続きを行うことで、IT系資格特待生給付金の支給を受けることができます。給付は、入学後の2022年6月の予定です。

公務員一次合格者特待生

特待生特典

○特待生…入学金100,000円を免除する

■特待生条件

特待生として申請する条件は、下記の公務員一次合格者となります。

「国家公務員一般職」「国家公務員技術職」(高卒程度)
「北海道行政職員」(一般行政、教育行政、警察行政、技術系)
「公立小中学校事務職員」「北海道警察官」「市町村職員」(一般事務・消防)
「海上保安学校学生」「自衛官一般曹候補生」

※特待生対象となる試験に複数合格している場合でも、特待生として申請できる資格は一つとなります。
※ 「片柳学園入学金免除制度」との併用はできません.

募集内容

  • ●対象学科:公務員1年制学科、公務員2年制学科
  • ●募集定員:該当者全員

対象者

高等学校を2022年3月に卒業見込みの方。または2021年3月に卒業した方で次に該当する方。
○推薦入学、一般入学、AO入学での出願者で、2022年3月31日(木)までに上記の特待生条件を満たす方。

認定方法・申請受付期間・認定通知

■認定方法

上記に記載している公務員一次合格者。

■申請受付期間(郵送の場合には、当日消印有効)

○推薦入学、一般入学、AO入学の出願者が、出願と同時に特待生の申請をする場合には、それぞれの入学制度の願書受付期間に準じます。
○推薦入学、一般入学、AO入学の合格者が、後日特待生の申請をする場合には、2022年3月31日(木)までを申開受付期間とします。

■認定通知

判定結果については、「公務員一次合格者特待生認定通知」を送付します。

出願・申請手続

■出願・申請書類

○推薦入学、一般入学、AO入学の入学方法に準じた出願書類(巻末添付)
○公務員一次合格者特待生申謂書(巻末添付)
○公務員一次合格証のコピー

■選考料・選考料払込方法

推薦入学、一般入学、AO入学の選考料および選考料払込方法に準じます。

■出願・申請書類提出方法

推薦入学、一般入学、AO入学いずれかの出願書類と公務員一次合格者特待生申請書、公務員一次合格証のコピーを合わせて、郵便局の窓口より本校所定の願書送付用封筒に入れ「簡易書留」郵便にて郵送してください(持参も可能です)。
また、推薦入学、一般入学、AO入学での出願後に、本特待生の申請をする場合には、公務員一次合格者特待生申請書、公務員一次合格証のコピーを「特定記録」郵便にて、本校の入学事務係宛にお送りください。

入学手続

■入学手続書類・入学費用払込

推薦入学、一般入学、AO入学の入学手続方法に準じます。

免除手続

学費納付の際、入学金200,000円の内100,000円を免除して請求します。

片柳学園入学金免除制度

学校法人片柳学園の設置する学校の卒業生の子女・兄弟姉妹、在校生の兄弟姉妹が入学する際に入学金を免除する制度です。

■選考対象者/次のいずれかにあてはまる方

  • ①祖父母、両親、兄弟姉妹のいずれかが学校法人片柳学園設置校の卒業生であること。
  • ②兄弟姉妹が学校法人片柳学園設置校に在籍していること。
    ※学校法人片柳学園設置校:日本工学院専門学校/日本工学院北海道専門学校/日本工学院八王子専門学校/東京工科大学

■免除額

  • 1・2年制課程:200,000円

各種奨学金制度・教育ローン制度

「日本学生支援機構奨学金制度」「国の教育ローン」「社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度」のご案内です。
各種奨学金制度・教育ローン制度

企業奨学金(自動車整備科)

将来自動車整備士をめざしている方に企業が進学資金を支援し、有為な人材育成及び生活支援を目的に行っている制度です。企業奨学金の申請方法につきましては高校を介した専門学校等教育機関側から企業への委託制度であり、企業による説明会及び試験が必要になります。

●実施一覧企業
  • 札幌トヨタグループ、トヨタカローラ札幌㈱、旭川トヨタ㈱、ネッツトヨタ旭川㈱、ネッツトヨタ北見㈱、 釧路トヨタ㈱、ネッツトヨタ釧路㈱、帯広トヨペット㈱、トヨタカローラ帯広㈱、 トヨタカローラ八戸㈱、トヨタカローラ岩手㈱、ネッツトヨタみちのく㈱、 札幌日産自動車㈱、北海道日産自動車㈱、北見日産自動車㈱、㈱ホンダカーズ札幌中央、北海道マツダ販売㈱、北海道スバル㈱
  • 専門実践教育訓練給付金(教育訓練給付金制度)

    社会人の方が専門教育訓練を通して雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした制度です。本校では、資格試験の受験率、就職、在職率などの基準を満たしたとして、4学科が認定されています。

    • ■対象学科:情報処理科・医療事務科・電気工学科・自動車整備科
    • ■支給対象者:2022年4月入学対象となる社会人
    • ■支給額上限:400,000円/年(条件により560,000円/年)
    • ■支給期間:原則2年(資格につながる場合は最長3年)
    • 詳しくは教育訓練給付金のご案内を御覧ください

    お問い合わせ

    お申込み方法、内容など、くわしいことは、入学相談フリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。

    日本工学院北海道専門学校 0120-666-965

    日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

    〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

    入学についてのお問い合わせ0120-666-965

    pagetop