btn_headr_menu

2017年度学生募集 情報処理科 2年制 2017年度学生募集 情報処理科 2年制

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 学科紹介
  3. 情報処理科
  4. 大学編入コース

めざす大学にマッチした大学編入対策カリキュラムで、多くの大学編入を実現

専門学校から大学へ編入する道が開かれて以来、16年連続で数多くの大学編入生を誕生させている日本工学院北海道専門学校。その蓄積をもとに「大学編入コース」ではさらに試験に向けた対策を強化。国公立・私立、さまざまな大学編入試験に向けた対策と、編入学に必要な単位取得のためのカリキュラムを行い、望みの大学編入試験合格へ導きます。また、理系・文系2つの専攻を設置し、さらに個々の大学に合わせた具体的なサポートを実施。大学編入により、本校在学中に身につけた実践技術・資格に加え、より専門性の高い高度な学問知識の習得が可能で、就職の幅も広がります。

大学編入とは…

専門学校卒業後、専門学校で取得した単位が認められることで、4年制大学の3年次(又は2年次)に入学することが可能な制度です。

大学編入合格実績

■国立大学

室蘭工業大学……41名
北見工業大学…2名 小樽商科大学…1名 岩手大学…1名

■私立大学

東京工科大学(姉妹校)…7名 北海道科学大学(旧北海道工業大学)…4名
北海道東海大学…2名 福井工業大学…1名 八戸工業大学…1名
中部大学…1名 足利工業大学…1名 工学院大学…1名

大学編入のメリット

メリット1
実践力+高度な専門知識を身につけ、企業から求められる人材にランクアップ!
メリット2
専門士+学士で、幅広い進路へ望みの就職を実現。
メリット3
本校2年+大学2年のトータル4年間で大学を卒業可能。
メリット4
推薦試験制度を利用すれば受験時に学力試験が免除に。
メリット5
一般入試に比べ少ない科目で受験可能。
メリット6
就職だけでなく、さらに深く学びたい人には大学院進学の道も開ける。
専門学校から大学編入のフロー

※専門学校から大学へ編入の場合、大学卒業時に専門士+学士の称号が得られます。このことにより、実践力を備えた大卒として就職にもより有利です。

注目

本校推薦なら学力試験なしで国立大学へ編入可能

通常の編入一般入試では、学力試験と口頭試問を含む面接試験の2段階選抜をクリアしなければなりませんが、推薦入試だと口頭試験を含む面接だけになります。大学編入コースでは、16年連続で編入合格を輩出している実績をもとに、この面接を徹底研究。合格へ向けて専門的な指導を行います。

めざす大学に合わせ、より深く専門学習を進める2専攻を用意

教育 専門技術+大学編入に具体的に対応したカリキュラム

■理系はIT分野、文系はビジネス分野の専門科目も充実 大学編入コースでは、大学編入対策カリキュラムとあわせ、理系・文系に分かれ実践的な知識・スキルを身につけるための専門科目を用意しています。理系はIT系科目、そして文系はビジネス系科目をそれぞれ履修。試験対策だけでなく専門教育も協力にサポートします。
【理系専門科目】 ・プログラミング言語 ・アルゴリズム ・Java ・ネットワークセキュリティ ・データベース設計 など
【文系専門科目】 ・ビジネス文書 ・簿記原理 ・コミュニケーション学 ・原価計算論 ・経営学原理 など
■理系・文系、国公立・私立、めざす大学にマッチした大学編入カリキュラム 大学編入対策カリキュラムでは、大学編入に向けた対策と、編入学に必要な単位取得のためのカリキュラムを行っています。特に大学専門科目ゼミナールでは、基礎的な問題演習からはじめ、面接試験に対応できるように各自が調べたことを発表する形式で授業を進行。各志望校に合わせ、編入試験問題の出題傾向を細かく分析することで、個々の目標を明確にし、望みの大学の編入試験合格までをサポートします。
【理系専門科目】 ・大学専門科目ゼミナール ・物理 ・微分積分 ・線形代数 など
【文系専門科目】 ・大学専門科目ゼミナール ・経済学入門 ・統計学 ・社会と金融 など

■日本工学院北海道専門学校ならではのノウハウを満載!合格へ導く編入試験対策講座

編入学試験対策講座

放課後を利用して実施している編入学試験対策講座では、志望の大学に合わせた指導を行っています。各志望大学に合わせ、前年までのデータをもとに傾向を分析。語学などの共通科目対策をはじめ、面接で先輩が受けた質問や口頭試問で実際に出された問題などを中心に対策を行います。豊富な過去データに基づく受験ノウハウは、長年合格者を輩出してきた日本工学院北海道専門学校ならではの強みです。

共通科目対策[室蘭工業大学の場合]

「基礎中国語」「中国会話」「基礎英会話」「英会話」「保険体育理論」を1年間で学習。

面接・口頭試験対策[室蘭工業大学の場合]

編入試験集中講座を、2年次の5月から約1ヶ月間、主に放課後を利用して1回2時間の講習を全12回実施。

Message From Teacher

引地先生
私たちが編入学試験合格に向け、徹底サポートします

引地 政征先生
情報系試験対策担当

合格を手にするためのカギとなるのは、臨機応変な対応力!授業では、口頭試問対策として、その場で柔軟に発想できるように、一つの問題をさまざまな切り口で考える練習をするなど、細かな指導を行っています。

カリキュラム 2年間の主なカリキュラム

大学編入試験合格を実現する、充実のカリキュラム

2年間の学習期間で、国公立・私立など、それぞれ望みの大学に合わせた大学編入試験対策を効率良くおこなう鉄壁のカリキュラム。学科試験、面接・口頭試問対策も授業に組み込み、個々の希望進路にあわせた丁寧な指導で、合格までをサポートします。また、理系はIT系科目、そして文系はビジネス系科目をそれぞれ履修する、専門分野の学習も合わせて行います。

1年次

前期
理系専攻では数学、英語、物理などを中心に学習。文系専攻では英語を中心に学びます。さらに両専攻ともパソコン操作の基礎と情報活用能力を身につけます。
後期
志望大学の学科を絞り込み、その大学の傾向に合わせた内容を学習。専門分野を主軸としながら編入試験対策も行います。

2年次

前期
志望大学の試験に合わせて模擬試験を実施。学力検査のほかに面接・口頭試問対策にも力を入れ、より具体的・実戦的な対策を行います。
後期
推薦試験、一般試験が実施されます。前年度までの豊富な過去データ・受験資料をもとに徹底対策。編入合格決定後は、専門分野の学習を強化します。

理系専攻1週間
の時間割
1年次 前期編入試験対策科目学科専門科目

 
9:20〜12:00 アルゴリズム プログラミング 物理 情報システム アルゴリズム 数学
13:00〜15:00 プログラミング 情報処理 編入ゼミ パソコン演習 情報処理  
16:00〜17:50 編入試験対策 英語   中国語 編入試験対策  

Message from OB・OG

篠原さん
手厚いサポートのおかげで、安心して受験に挑むことができました

篠原 美優輝さん
室蘭工業大学
情報電子工学系学科
旭川大学高校出身

私が日本工学院北海道専門学校で学ぶことを選んだのは「大学編入学に強い」学校だったから。過去の編入学試験のデータ閲覧や、先生とツーマンで行う口頭試問・面接対策などは、編入学に優れた実績を持つ日本工学院北海道専門学校ならでは。その手厚いサポートのおかげで、安心して受験に挑むことができ、合格という手にすることができました。大学では再生エネルギーや制御工学と言った新しい分野に挑戦していきたいと思っています。そして大学院に進んでもっと深く研究していくのが私の新しい夢です。

酒井さん
目標だった大学編入の夢を叶え、研究に、就職に、道が大きく開けました

酒井 章吾さん
情報電子工学系学科
情報処理科 2013年卒
旭川東栄高校出身

日本工学院北海道専門学校の入学時から、室蘭工業大学への編入学は私の目標でした。情報処理科では編入学に特化したカリキュラムが多く、これまでに蓄積された受験データがあるので、充実のサポート体制で心強いです。あとは大学編入後、何がしたいかを常に意識して対策に取り組めば、必ずハードルは越えられると思います。私は、夢を叶えた現在、大学の研究室で情報工学の専門領域を掘り下げています。そして春から勤めるIT系企業での仕事に、研究で身につけた知識や力を役立てられそうと張り切っています。後輩の皆さんも編入学の夢に向って頑張ってください!

学科BLOG

  • 学生寮
  • 進学資金サポート

オープンキャンパス+体験入学 オープンキャンパス+体験入学

開催日程

半日型体験 3/4() 4/23() 30() 5/14() 6/10() 18()

一日型体験 3/25()〜26() 5/20()〜21() 6/24()〜25()

日本工学院北海道専門学校では、各学科の体験実習や、最新の施設・設備、学生寮、進学資金のことがよくわかるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。自然豊かな教育環境をぜひ、その目で確かめてください!

無料で資料をお届けします。

日本工学院北海道専門学校について詳しく紹介した資料、日本工学院北海道専門学校への入学募集要項など入学に必要な資料をお届けします。(無料進呈)

資料請求はこちら

日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

入学についてのお問い合わせ0120-666-965

pagetop