btn_headr_menu

2016年度学生募集 自動車整備科 2年制 2016年度学生募集 自動車整備科 2年制

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 学科紹介
  3. 自動車整備科

高度なスキルを持つ自動車整備士を養成し、毎年高い就職率を実現 !

国土交通省認定の本格的な車検整備ライン・施設を使った実践的な授業・実習により、IT、ハイブリッド、燃料電池などの最新テクノロジーも幅広く学びながら、ハイレベルな二級自動車整備士、二級二輪自動車整備士(バイク整備士)を養成。認定校としてどちらも実技試験は免除。万全の筆記試験対策と一級自動車整備士の資格を有する一流の教員陣による指導で、毎年高い合格率を誇っています。昨年度の就職決定率は大手メーカー、ディーラーをはじめ100%を達成!また日本工学院 東京校の一級自動車整備科への編入も可能です。

自動車整備科の学び5つのPOINT

POINT1
国家資格は、毎年高い合格率を実現 資格について
POINT2
幅広い自動車メーカー系へ就職決定率100% 就職について
POINT3
最先端の学習環境でハイテク車も扱えるメカニックへ教育について
POINT4
プロと同環境の自動車整備場を完備 施設について
POINT5
一級自動車整備士へのスキルアップも可能 一級自動車整備士への編入について

資格 二級自動車整備士(ガソリン、ジーゼル)高い合格率をマーク!

img_sec_license1

二級自動車整備士とは、自動車・バイクの安全な走行を維持するために、修理・点検などを行うことができる国家資格。自動車整備科は国土交通省の認定を受けた養成施設であり、卒業と同時に二級自動車整備士の実技試験が免除となります。実習と並行して2年次3月の学科試験対策にも力を入れており、二級自動車整備士合格に導いています。

取得可能な資格は認定資格

国家資格

二級ガソリン自動車整備士(実技試験免除)二級ジーゼル自動車整備士(実技試験免除)二級自動車シャシ整備士(実技試験免除)二級二輪自動車整備士(実技試験免除)


危険物取扱者、ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、 ディジタル技術検定、CAD利用技術者、 中古自動車査定士、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス、 低圧電気取扱特別教育、 普通救命講習

■カリキュラム以外にも、充実した資格対策講習を実施

夏休み・冬休み期間の講習会
夏休み、冬休みの長期休暇中にも資格対策講習を実施します。
資格直前講習会
3月卒業式後から資格試験日まで直前講習会を行います。

就職 学科開設以来高い就職率を達成!

自動車整備科では、進化し続ける自動車の性能や装備に対応した実習を数多く用意。現場で即戦力となる自動車整備士の育成に取り組み、過去6年間の実績においても、多くの企業から高い信頼を得ています。

img_sec_recruit1

めざせる業種
国産車ディーラー、輸入車ディーラー、整備工場、自動車メーカー、部品メーカー、重機メーカー、タクシー会社、バス会社、カスタムショップ、運送会社 など
めざせる職種
国産車・輸入車ディーラーのメカニック、レーシングメカニック、バイクメカニック、自動車メーカー・自動車部品メーカーのエンジニア、車検整備工場スタッフ、コンピュータ制御・電気・電子・機械エンジニア、セールスエンジニア、公務員 など

主な就職先

トヨタ系:札幌トヨタ自動車、旭川トヨタ自動車、ネッツトヨタ札幌、札幌トヨペット、トヨタカローラ札幌、トヨタカローラ苫小牧、ネッツトヨタ旭川、函館トヨタ自動車、釧路トヨタ自動車 など
日産系:札幌日産自動車、北海道日産自動車、日産プリンス札幌販売、帯広日産自動車 など
ホンダ系:ホンダカーズ南北海道、ホンダ四輪販売
マツダ系:北海道マツダ販売、千葉マツダ
スバル系:北海道スバル、帯広スバル自動車
三菱系:北海道三菱自動車販売 など
大型車系:北海道いすゞ自動車、東北海道日野自動車、UDトラック道東
その他:レッドバロン、北海道ブブ、ヤンマーアグリジャパン、北海道カンパニー、北海道クボタ、北海道旅客鉄道、道南バス、軽自動車検査協会 など

■東京校の一級自動車整備科への編入も可能

さらに自動車整備技術をスキルアップしたい人は、自動車整備科を卒業後、日本工学院東京校の一級自動車整備科(4年制)の3年次への編入学が可能です。一級自動車整備科では、故障診断技術から整備工場のマネジメントまで、自動車整備に必要なスキルをトータルに習得し、自動車整備士として最高の国家資格、一級自動車整備士の資格取得をめざします。また、卒業後は北海道へのUターンはもちろん、東京での就職も完全サポート。さらに幅広い進路を選ぶことが可能です。

一級自動車整備科一級自動車整備科

教育 最先端の学習環境でハイテク車も扱える高度なメカニックを養成

自動車整備科では、プロの現場同様の設備を整えた自動車整備専用実習場、テスト走行を行うサーキットなど、充実した自動車整備施設・設備を活用した実習を中心に授業を展開。カーナビなどのカーエレクトロニクス装置の整備、ホイールバランスの調整なども、業界で主流の機器を用いて最新技術を習得。カスタムカー製作や、レース出場などにもチャレンジし、楽しみながら実践的に自動車整備スキルを身につけることができます。

メカニックを育成

■EVカーの未来を担う人材を育成

EVカー

世界が注目するEVカー(電気自動車)のさらなる需要拡大が見込まれるいま、自動車業界ではEVの専門知識を備えた人材が強く求められています。自動車整備科ではオートメカニック誌ライター/本校特別講師であるハリー山崎氏とのコラボレーション授業を展開。時代のニーズに応えるEVの知識と技術を学びます。



■実習ではキャンパス内の本格的なサーキットを使用

サーキット実習

日本工学院北海道校では、キャンパス内に全長1,400mの本格的なサーキットを設置。このサーキットを使用して、実際に整備したクルマのテストやレースカー体験を行うことで、メカニックとしての実力・実践力を養成します。

■業界スペシャリストの特別講演・特別授業

由良拓也による特別講義
レーシングカーデザイナー・由良拓也氏による特別講義

本校顧問でもある、レーシングカーデザイナーの由良拓也氏による特別講義を毎年実施しています。カスタムカー製作についてのレクチャーや、軽自動車レースの車両製作についての体験談など、ここでしか聞けない貴重な内容の講義を展開。クルマ好きの学生たちに大好評を博しています。

ハリー山崎による特別講義
オートメカニック誌ライター・ハリー山崎氏の特別講義

オートメカニック誌でライターとして活躍中のハリー山崎氏による特別講習会。「駆動用バッテリの取り扱い」というテーマで、作業前の準備から絶縁工具を利用した整備、電圧測定など、ハイブリッドカーで使われている駆動用バッテリの取り扱い方をレクチャーしていただきました。

自動車整備科は、2014年より文部科学省 職業実践専門課程の認定を受けました。

「職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成する」目的として文部科学省が認定する「職業実践専門課程」に本学科が認定を受けました。これは本学科が、より実践的に企業に直結した教職員、教育やカリキュラムを有していることの証明です。

職業実践専門課程の詳しい情報はこちら

カリキュラム プロの自動車整備士を育成する、安心の段階的カリキュラム

自動車整備科では初心者でも安心してスキルアップできる段階的カリキュラムを行っています。実践的なカリキュラムで最新整備技術を学び、二級自動車整備士、二級二輪自動車整備士(バイク整備士)の資格取得をめざします。さらに社会人として必要なマナーや常識、コミュニケーション能力などもすべてステップアップ式で習得。知識と技術、資格と社会人基礎力をしっかりと身につけ、望みの就職を実現しましょう。

1年次

前期
学習目標
基礎知識・技術養成 自動車、エンジンの構造を理解し、電気・電子の基礎知識を習得。また、電気・コンピュータ制御の整備技術を学びます。
専門力育成科目
  • ●自動車概論(45時間)
  • ●電気電子概論(45時間)
  • ●基礎エンジン整備実習(150時間)
  • ●電気装置実習(120時間) ほか
資格対策
  • ●二級自動車整備士対策(基礎計算・法令講習)
  • ●危険物取扱者乙種第4類
後期
学習目標
基礎知識・技術養成 自動車シャシの構造、電気装置の機能などを理解し、ブレーキ・サスペンションなどのシャシや電装品の整備技術を身につけます。
専門力育成科目
  • ●電気装置と構造(45時間)
  • ●エンジン整備(45時間)
  • ●基礎シャシ整備実習(150時間)
  • ●電気装置実習(120時間) ほか
資格対策
  • ●二級自動車整備士対策(三級レベル)
  • ●中古自動車査定士
  • ●低圧電気取扱特別教育

2年次

前期
学習目標
応用力養成 エンジンの構造や電子制御装置の知識を深め、応用力を養います。また、エンジン分解整備、検査方法、電装品整備などの応用技術を実践で習得します。
専門力育成科目
  • ●自動車工学(45時間)
  • ●自動車整備法規(45時間)
  • ●自動車検査実習(60時間)
  • ●応用エンジン整備実習(150時間) ほか
資格対策
  • ●二級自動車整備士対策(応用計算・法令講習)
後期
学習目標
総合レベル 二級自動車整備士試験に向けた対策を強化するとともに、故障診断のスキルや最新テクノロジーの知識を深め、故障原因の処置やシャシ部品分解整備などの高度な技術を身につけます。
専門力育成科目
  • ●自動車新技術(45時間)
  • ●トラブル原因追究(60時間)
  • ●故障原因探究実習(90時間)
  • ●整備士試験講座(45時間) ほか
資格対策
  • ●二級自動車整備士対策

主な授業内容

  • ●自動車検査実習 自動車整備科では国土交通省が認証する本格的な車検整備ラインと多彩な実習車両を導入、プロの自動車整備士が行っている検査技法を実践で習得します。授業内容
  • ●電気装置実習 自動車の電装品の整備技術を基礎から応用までステップごとにわかりやすく学びます。また電気・電子回路、コンピュータ制御についても基礎をしっかり学習します。 授業内容
  • ●故障原因探求実習 故障原因の究明方法とその処置に対するスキルを習得。排出ガス低減装置が正常に働いているかをチェックする外部診断器(OBDⅡ)の操作技術、信号解析技術を学びます。一級自動車整備士をめざす人には必須の技術です。 授業内容
  • ●二輪自動車講座 整備用のバイクを活用して、二輪のメカニズムを理解し、バイク・二輪の整備技術を習得します。二級二輪自動車整備士(バイク整備士)の資格を取得してバイク整備士として活躍する道も開けています。 授業内容

施設 自動車整備実習場と直結したサーキットで本格メカニックを体験

キャンパス内に設置されたサーキット場は、自動車整備実習場と直結。公道ではできない試運転など、実践を通して本格的なメカニックを学べます。
■サーキット場
●コース全長1400m
●Tsコース:全長770m(外周650m)
●Dvコース:全長520m ●幅員:6.0m
●コーナー数:27ヵ所 ●直線:88m
●コース監修:由良拓也(本校顧問)
●コースデザイン:道上 龍
■Dvコース
運転免許取得をサポートするミニコース。正しい運転技術を学び、自動車整備に生かしています。
■TSコース
実習車両の試走に使用するほか、カートで楽しむことも可能。

サーキット場サーキット場自動車整備実習場自動車整備実習場

Message from OB・OG

工藤さん
先生の何気ないアドバイスでさえも、「プロの現場」で生きています。

工藤 暢泰さん
トヨタカローラ苫小牧 勤務
サービス課
北海道栄高校出身

法定点検や一般整備などが主な仕事です。今はハイブリッド車が増えており、電気を扱う作業が多いため、在学中に取得した「低圧電気取扱特別教育」の資格がすごく役立っています。また、溶接作業は学生時代に学んだ実習のおかげで、入社後すぐに携わることができました。学生時代は普段の勉強ももちろん大切ですが、先生の雑学や豆知識など教科書にのっていないアドバイスが、現場に出るとむしろ生きてくると実感します。ですから皆さんも、ぜひ耳を傾けておくといいと思いますよ。

学科BLOG

  • 学生寮
  • 進学資金サポート

オープンキャンパス+体験入学 オープンキャンパス+体験入学

開催日程

半日型体験 3/4() 4/23() 30() 5/14() 6/10() 18()

一日型体験 3/25()〜26() 5/20()〜21() 6/24()〜25()

日本工学院北海道専門学校では、各学科の体験実習や、最新の施設・設備、学生寮、進学資金のことがよくわかるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。自然豊かな教育環境をぜひ、その目で確かめてください!

無料で資料をお届けします。

日本工学院北海道専門学校について詳しく紹介した資料、日本工学院北海道専門学校への入学募集要項など入学に必要な資料をお届けします。(無料進呈)

資料請求はこちら

日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

入学についてのお問い合わせ0120-666-965

pagetop